四字熟語(う〜お)

前の問題 次のページへ
有為転変(ういてんぺん)
世の中のすべてのものが絶えず変化して、しばらくの間も同じ状態にとどまることがないこと。
右往左往(うおうさおう)
あわてふためいて、あっちへ行ったり、こっちへ来たりすること。あわてて混乱した状態をいう。
雨過天晴(うかてんせい)
うっとうしい雨が止んで青空が広がる。悪い状況が好転するたとえ。
羽化登仙(うかとうせん)
中国古来の神仙思想などで、人間に羽が生えて仙人になり天に昇ること。また、酒に酔ってよい気分になることのたとえ。
雨奇晴好(うきせいこう)
晴れても雨でも、どちらも素晴らしい景色で、趣があるという意。「晴好雨奇」とも書く。
有卦七年(うけしちねん)
幸運の年まわり。有卦に入ること。ついていて調子のいいたとえ。
烏合之衆(うごうのしゅう)
カラスの群れのように、規律も統制もない大勢の人の寄り集まり。また、そのような軍隊や、群衆。
右顧左眄(うこさべん)
右か左か決めかねて迷うように、人の思惑などまわりのことばかり気にして決断をためらうこと。左眄右顧(さべんうこ)
雨後春筍(うごしゅんじゅん)
ひと雨降った後に沢山生え出るタケノコのように数が多いこと。事物が増えるのが速くて勢いが盛んなたとえ。
有相執著(うそうしゅうじゃく)
形ある現象の姿にとらわれる心。それらが一切皆空であることを悟らないで執着心を起こすこと。
有象無象(うぞうむぞう)
数ばかり多くて役に立たない物や人々をさげすむ言葉。
烏孫公主(うそんこうしゅ)
政略結婚の犠牲、またそれによって悲運に泣く女のこと。
有智高才(うちこうさい)
生まれつき頭の働きがよく、学習によって得た才能も優秀なさま。またはその人。
内股膏薬(うちまたごうやく)
自分の考えがはっきりせず、どっちつかずの人のこと。
烏鳥私情(うちょうしじょう)
親孝行をしたいという気持ちをへりくだっていう言葉。
有頂天外(うちょうてんがい)
有頂天を極め、さらにその上の状態。
迂直之計(うちょくのけい)
実際的でないように見えて、実は最も現実的で効果のある計略のこと。わざと迂回して敵を安心させ、妨害のないのに乗じ先に到着する戦法。迂直の計。
烏兔怱怱(うとそうそう)
月日が流れるのは早いということ。烏兎怱々。
鵜目鷹目(うのめたかのめ)
鵜が魚をあさり、鷹が獲物をさがすように、人が熱心に物を探し出そうとするさま。
烏飛兔走(うひとそう)
歳月がたつのが、あわただしく速いこと。兔走烏飛。
海千山千(うみせんやません)
海に千年、山に千年住んでいたかのような一筋縄ではいかない経験豊富でしたたかなやりかた。またそのような人をさす。
有耶無耶(うやむや)
あるのかないのかはっきりしないこと。いいかげんなこと。
紆余曲折(うよきょくせつ)
経てきた事情などが、ひとことで言えないほど曲がりくねっていて複雑で厄介なこと。
羽翼既成(うよくきせい)
物事の組織や基礎ができあがり、いまさら動かしようのないさまをいう。
雨鈴鈴曲(うりんれいきょく)
亡き妻をしのぶ曲。唐の玄宗が愛する楊貴妃をやむなく殺したのち、楊貴妃を悼んで作った楽曲。
雲雨巫山(うんうふざん)
男女の情事。
雲烟飛動(うんえんひどう)
雲やかすみが飛動するように筆勢が躍動する文字のたとえ。書道でいう「草書」の自由自在な筆の運びにたとえる。
雲煙縹渺(うんえんひょうびょう)
雲やかすみ・もやが、はるか遠くにたなびくようす。
運斤成風(うんきんせいふう)
大工の凄腕。転じて、見事な工作。
雲合霧集(うんごうむしゅう)
雲や霧があっという間にたちこめるさま。多くのものが一時にどっと群れ集まること。
雲散霧消(うんさんむしょう)
雲心の中に溜まっていたわだかまりや悩みが消えて、さっぱりした気持ちになる意味にも使う。
雲集霧散(うんしゅうむさん)
人々が集合と解散を繰り返すことをいう。
雲心月性(うんしんげっせい)
無私無欲の例え。物にとらわれない雲のような心と、澄みきった月のような本性。名誉や利益を求めることなく超然としていること。
雲水行脚(うんすいあんぎゃ)
僧が所を定めず、各地を歩きまわること。
雲泥万里(うんでいばんり)
天と地が遠く隔たっているほどに、二つのものの差が大きいこと。極端に違うもののたとえ。
運否天賦(うんぷてんぷ)
人の幸運や不運は、天によって定められ、与えられること。また、運を天に任せること。人の運命の吉凶禍福は天が決めることだから、運を天に任せて事を行うということ。
永遠偉大(えいえんいだい)
いつまでも立派なこと。いつまでも大きいこと。
永遠不変(えいえんふへん)
いつまでも変わらないこと。
永遠不滅(えいえんふめつ)
いつまでも滅びないこと。
永遠無窮(えいえんむきゅう)
いつまでも続いて、極まりがないこと。
英華発外(えいかはつがい)
物事のすぐれた美しさが表面に現れること。すぐれた詩や文章、名誉、ほまれの意。
永劫回帰(えいごうかいき)
宇宙は永遠に循環運動を繰り返すものであるから、人間は今の一瞬一瞬を大切に生きるべきだ、とするドイツの哲学者ニーチェの根本思想。
永劫無極(えいごうむきょく)
いつまでも続いて、極まりがないこと。
栄枯盛衰(えいこせいすい)
繁栄がいつまでも続くことはなく、いずれは衰える。栄えれば滅びる。栄枯盛衰は世の習い?繁栄と衰退を繰り返す、世の中のはかなさをいう。
栄枯転変(えいこてんぺん)
人の境遇が、栄えたり衰えたり、移り変わること。
英姿颯爽(えいしさっそう)
きりっと引き締まって、いかにもりりしく勇ましいさま。きびきびとして勢いのある様子。
永字八法(えいじはっぽう)
すべての字の書き方の基本が「永」の一字に含まれているとして、運筆の八法を伝授する書法。
英俊豪傑(えいしゅんごうけつ)
才能や能力がきわだって優れた者。
郢書燕説(えいしょえんせつ)
こじつけてもっともらしく説明すること。
曳尾塗中(えいびとちゅう)
高い地位に上がって束縛されるよりも、たとえ貧しくとも自由な生活をするほうが楽しいというたとえ。
英邁闊達(えいまいかったつ)
才知が非常にすぐれ、心が広くおおらかなこと。
盈満之咎(えいまんのとが)
満ちれば欠ける。何事も満ち溢れるほどになるとかえって禍いを招くという戒め。
英雄欺人(えいゆうぎじん)
才知のすぐれた人物は、常人の考え及ばないようなことをして人の意表をつくという意。
英明果敢(えいめいかかん)
才知に優れ、道理に明るくしかも思い切りのいいこと。
英雄豪傑(えいゆうごうけつ)
優れてえらく強い人のこと。
英雄好色(えいゆうこうしょく)
英雄は女性を好む性向にある。
栄耀栄華(えいようえいが)
富や地位を得て、繁栄し得意になること。転じて驕り・贅沢を尽くすこと。
益者三楽(えきしゃさんごう)
有益な三つの楽しみ。第一に礼楽に親しみ調和のとれた暮らし。第二に人の美点を話題にする。第三は立派な友を多く持つこと。
益者三友(えきしゃさんゆう)
友人を選ぶ時の心得を述べた言葉で、交際して有益な三種の友人(正直、誠実、博識)のこと。
易姓革命(えきせいかくめい)
王朝がかわること。
役夫之夢(えきふのゆめ)
人生の栄華は夢のようにはかないものというたとえ。転じて、欲求不満を夢で補うこと。
廻向発願(えこうほつがん)
自らが積んだ功徳(善行)を人々や他のものに振りむけて、浄土に生まれようと願う心を起こすこと。仏事法要を営んでその功徳が死者の安穏をもたらすように期待すること。
依怙贔屓(えこひいき)
一方だけにひいきすること。不公平。
会者定離(えしゃじょうり)
会う者はかならず、離れる。人の世の無常をいう言葉。
越権行為(えっけんこうい)
ある職務にあるものが、与えられた権限の範囲外で行う行動。転じて、出過ぎた振る舞いをすること。
越鳥南枝(えっちょうなんし)
南から来た越の国の鳥は少しでも故郷に近い南側の枝に巣を作るように、鳥でも故郷を忘れがたいというたとえ。
越畔之思(えつぱんのおもい)
自分の責務を守って他人の領分を侵さないように慎む心構え。
得手勝手(えてかって)
わがままなこと。他人の気持ちや立場を尊重しないで、自分だけに都合のいいように行動すること。
烏帽子親(えぼしおや)
武家の男子の元服の祝儀で、親に代わって烏帽子をかぶらせ、烏帽子名をつける有力者。
蜿蜿長蛇(えんえんちょうだ)
行列などが、長い大きな蛇のように、うねりながら一列に続いているさま。延延長蛇。
煙霞痼疾(えんかこしつ)
自然の風景を愛する心が非常に強いこと。美しい風景を愛するのが病みつきになっているさま。転じて、旅行好き、隠居の意に用いる。
燕雁代飛(えんがんだいひ)
春、燕が来る時雁は去り、雁が再び渡ってくる秋には燕が飛び去っていく。
燕頷投筆(えんがんとうひつ)
文筆を捨てて武事につくことのたとえ。
遠御長駕(えんぎょちょうが)
(一)遠方まで馬を走らせること。 (二)転じて、遠方までも治め従えること。
延頸鶴望(えんけいかくぼう)
首を鶴のように長く伸ばして相手を待ち望むさま。切実に待望する気持ち。今か今かと待つ。
遠交近攻(えんこうきんこう)
遠くの国とは親しくして、近くの国を攻める。
猿号擁柱(えんごうようちゅう)
弓の名人の凄腕をいうたとえ。
掩耳盗鐘(えんじとうしょう)
小策をろうして自分を欺き、悪事を働くこと。また、愚か者のたとえ。
燕雀鴻鵠(えんじゃくこうこく)
小人物には大人物の遠大な心がわからないこと。
燕雀相賀(えんじゃくそうが)
新居の落成を祝う言葉。燕と雀は人家に巣を作るので新しい家が完成すると、ともに喜ぶということ。
円熟無礙(えんじゅくむげ)
人格・知識・技術などが、これ以上ないほどに熟達していること。
遠水近火(えんすいきんか)
遠い所にあるものは急場の役には立たないということ。
嫣然一笑(えんぜんいっしょう)
にこやかに笑うようす。
遠走高飛(えんそうこうひ)
高飛びする。遠方へ逃げること。苦境を脱して明るい道を求める意味もある。
燕巣幕上(えんそうばくじょう)
危険な場所に居住すること。幕の上にツバメが巣を作るように不安定なこと。
円頂黒衣(えんちょうこくえ)
まるい頭に墨染めの衣。僧侶の姿をさす。
怨徹骨髄(えんてつこつずい)
「怨み骨髄に徹す」といい、人を怨む気持ちが骨髄にまで達するほど強い ということの形容。
塩鉄之利(えんてつのり)
政府の専売によっておさめる利益のこと。(塩と鉄の専売制度があった)
円転滑脱(えんてんかつだつ)
人と争わずにうまく物事を運ぶこと。かどが立たないこと。
鉛刀一割(えんとういっかつ)
なまくら刀で物を断ち切る。自分の微力を謙遜していう語。
延年益寿(えんねんえきじゅ)
寿命を延ばす。長生きはいいことだ。長寿でめでたいこと。
煙波縹渺(えんぱひょうびょう)
もやがたちこめて、けむったような水面が遠く果てしなく広がっているようす。
偃武修文(えんぶしゅうぶん)
武器を伏せて戦いをやめ、文徳によって平和な世の中を築くこと。
婉娩聴従(えんべんちょうじゅう)
言葉や態度がしとやかで優しく、人の言うことに逆らわず素直に従うさま。
縁木求魚(えんぼくきゅうぎょ)
誤った手段では目的が達成できない。不可能なたとえ。
円木警枕(えんぼくけいちん)
勉強(学問)に一所懸命励むこと。苦学すること。
円満解決(えんまんかいけつ)
事件が穏やかに解決すること。
円満具足(えんまんぐそく)
充分に満ち足りて不足のないこと。転じて人柄に欠点がなく温厚な様子を言う。
延命息災(えんめいそくさい)
寿命を延ばし、災いを除くこと。
円融滑脱(えんゆうかつだつ)
何事も思うままで、角立たないこと。物事にこだわらず、そつなくこなすようす。
遠慮会釈(えんりょえしゃく)
相手に対する思いやりのこと。他人に対して態度を慎みその心を思いやること。
遠慮近憂(えんりょきんゆう)
よく先のことまで考えて行動しないと、必ず急な心配事が起こって苦しむことになるという孔子の言葉。行き当たりばったりの行動を慎しみなさいということ。
桜花爛漫(おうからんまん)
桜の花が満開になって咲き乱れているようす。
奥義秘伝(おうぎひでん)
学芸・武術などで、容易には人に伝えない奥深くて最も大切な事柄。
応急措置(おうきゅうそち)
急を要する時に、間に合わせとして行うさしあたっての処置。
応急手当(おうきゅうてあて)
緊急の場合に、さしあたって行う処置。
横行闊歩(おうこうかっぽ)
いばって歩き回る。思いのままに振る舞う。
王公貴人(おうこうきじん)
王や皇帝、諸侯など、身分の非常に高い人。
王侯将相(おうこうしょうしょう)
身分が高く、勢力のある人々をいう。
横行跋扈(おうこうばっこ)
威張ってわがまま勝手に振る舞うこと。
横行覇道(おうこうはどう)
権勢をたのんで横暴な振る舞いをする。力づくで無理を通し、のさばりかえること。
鴬語花舞(おうごかぶ)
春の情景を感覚的に詠った詩句。花が静かに舞い散るあたりで鴬が美しい声を響かせている「春爛漫」の風物詩。
黄金時代(おうごんじだい)
理想的な最良の時代。また、最も盛んな時代。
黄金分割(おうごんぶんかつ)
小部分と大部分の比例が、大部分と全体の比に等しくなるように分割すること。
往事茫々(おうじぼうぼう)
昔のことがぼんやりしていて定かでないこと。往時茫茫。
王政復古(おうせいふっこ)
武家政治や共和制が廃止されて、もとの君主政治にもどること。
王道楽土(おうどうらくど)
王道によって治められる、楽しく平和な国土。
懊悩焦慮(おうのうしょうりょ)
悩みもだえ、気をもんで苦しむこと。
懊悩呻吟(おうのうしんぎん)
悩みもだえて、苦しみうめくこと。
懊悩輾転(おうのうてんてん)
深い悩みや悲しみのために眠ることができずに、何度も寝返りをうつこと。
懊悩煩悶(おうのうはんもん)
悩みもだえて苦しむこと。煩悶懊悩(はんのうおうもん)。
椀飯振舞(おうばんぶるまい)
気前よくご馳走したり、物を与えたりすること。
横眉怒目(おうびどもく)
眉をつり上げ目を怒らす。険しい目付きで睨みつけるさま。目くじらをたてる。
応病与薬(おうびょうよやく)
病気の種類に応じて最も適した薬を与えること。人に応じて法を説くたとえ。
往返徒労(おうへんとろう)
むだに往復する。無駄足を踏むこと。
応報覿面(おうほうてきめん)
仏教で、行為の善悪によって起こる吉凶・禍福の報いが、直ちに現れること。
鷹揚自若(おうようじじゃく)
どっしり落ち着いて動じないこと。
大盤振舞(おおばんぶるまい)
気前よく盛大に人に物を与えたり、ご馳走をふるまったりすること。
大風呂敷(おおぶろしき)
誇張していうこと。
傍目八目(おかめはちもく)
傍観者のほうが当事者よりもかえって物事の状況がよくわかることを言う。
屋下架屋(おくかかおく)
屋根の下にまた屋根を架けるように、無益で余計なことをすること。
汚名返上(おめいへんじょう)
以前の失敗などで受けた不名誉を、自分の力で取り除くこと。
恩威並行(おんいへいこう)
恩賞と刑罰とが並行して行われること。
温厚質実(おんこうしつじつ)
穏やかで優しく、飾り気がなくて誠実なこと。
温厚淡泊(おんこうたんぱく)
穏やかで優しく、飾り気がなくてさっぱりしていること。
温厚篤実(おんこうとくじつ)
穏やかな性格で、情けが深いこと。また、誠実で優しさに満ちていること。
温故知新(おんこちしん)
古きを温め、新しきを知る。経験のない新しいことを進めるにも、過去を充分学ぶことから知恵を得ようということ。
温柔敦厚(おんじゅうとんこう)
穏やかで優しく、親切で心遣いのこまやかなこと。柔和で誠実なこと。
温順篤実(おんじゅんとくじつ)
穏やかでおとなしく、誠実で人情深いこと。
音信不通(おんしんふつう)
便りや連絡が絶え、まったく様子がわからないこと。
温せい定省(おんせいてんせい)
親に孝養を尽くすこと。親が快適に過ごせるように心配りすることをいう。
怨憎会苦(おんぞうえく)
自分が恨んでいる人や憎んでいる人とも会わなければならないという苦しみ。
恩沢洪大(おんたくこうだい)
注がれる慈しみや恵がきわめて大きいこと。特に、王や皇帝などの寵愛によるものをいう。
穏着沈黙(おんちゃくちんもく)
穏やかで落ち着いていて、無口なこと。
怨敵退散(おんてきたいさん)
恨みある敵よ、退散せよという意味。法力を用いて仏敵・魔障などを降し伏せようとするとき、祈願などで唱えることば。
音吐朗朗(おんとろうろう)
発声が明瞭、声量が豊かで響きわたるようす。
乳母日傘(おんばひがさ)
乳母が抱き、日傘をさしかけるように大切に、恵まれた環境で子供を育てること。
厭離穢土(おんりえど)
煩悩に汚れた、悪の多いこの世を嫌い、離れてしまうこと。
怨霊怪異(おんりょうかいい)
怨みを抱いて死んだ者の霊が、それをはらそうとして引き起こす怪奇な現象。また、その霊が化け物となったものをいう。
温良恭倹(おんりょうきょうけん)
温和でやさしくおだやかに、人をうやまってつつましく接すること。
温良貞淑(おんりょうていしゅく)
穏やかで素直で、操を正しく守り、しとやかなこと。
温良篤厚(おんりょうとっこう)
穏やかで素直で、人情の厚いこと。
温良優順(おんりょうゆうじゅん)
穏やかで素直で、優しく従順なこと。
温和勤勉(おんわきんべん)
穏やかで優しく、何事にもよく勤め励むこと。
温和丁寧(おんわていねい)
穏やかで優しく、心が行き届いていること。
温和篤厚(おんわとっこう)
穏やかで人と争わず、人情の厚いこと。
温和怜悧(おんわれいり)
穏やかで優しく、賢いこと。
終了です!お疲れ様でした!

/157

表示オプション:

この単語カードの携帯専用ページ

右のQRコードを利用するか下のアドレスにアクセスしてください。
(携帯・PHSからのみアクセス可)
http://i.e-flashcard.com/card.cgi?flashcard=137

操作方法

単語カードはキーボードで操作します。 ページをめくるときは「n」。 前の問題に戻るときは「b」。 はじめに戻るときは「f」。 最後の問題に移動するときは「e」。

ページがめくれないときは左右についているボタンを一度押すか、リロードしてみてください。また、キーボードが全角入力になっていると動作しないことがあります。

問題の追加・更新・削除

▲ Page Top